Latest Posts

健康に良い飲み物ってなに?

こんにちは、主婦のちえみです。

喉が渇いた時に何気なく飲んでいる飲み物が健康を増進させたり、逆に悪影響を与えたりしているのを知っていますか?

飲み物の中にも身体に良い飲み物と悪い飲み物があるんです。

今回は身体に悪いとされている飲み物や生活習慣病を予防させることができる飲み物などを紹介していこうと思います。

身体に悪い飲み物ってなに?

毎日食べる食事に関しては栄養素を気にしたり、カロリーを気にしたりしていると思いますが、飲み物に関してはそこまで気にしたことがない人、結構いるのではないでしょうか。

普段飲んでいる飲み物がどれくらいの糖分が含まれているかなどを気にしていると、結構危険な飲み物はあるんですよ。

人間は、1日のうちに約2Lもの水分を必要としています。

しかし、喉が渇いたからといってジュースを飲むという人は結構注意した方がいいかもしれません。

なぜかと言うと、ジュース類には大量の糖分が含まれているからです。

喉の渇きを潤すためにジュースを飲んでいると糖分が多いため血糖値を上昇させてしまいます。

人間の身体は血糖値を一定に保つように働くようにできているので、身体の中の水分を使って血液を薄めようとします。

この運動をすることで体内の水分を大量に使ってしまうので、むしろ余計に喉が渇くようになってしまうのです。

つまり、ジュースを飲んでいると、飲んでも飲んでも身体が喉が渇いてしまう、という現象に陥ってしまうのです。

飲み物に含まれている糖分は以下になります。

飲み物の種類 砂糖の量
コーラ 56.5g
サイダー 52.5g
コーヒー飲料 44.8g
100%オレンジジュース 55g
エナジードリンク 53.5g
乳酸菌飲料 56g
野菜ジュース 40.5g

身体に良い飲み物ってなに?

身体にとって悪い飲み物はわかったと思いますが、対して身体に良い飲み物はというと、糖質が含まれていない飲み物です。

生活習慣病には活性酸素だけでなく、食生活や運動習慣なども関係してくるので、飲み物に含まれている抗酸化物質だけではもちろん不十分です。

しかし、飲みながら健康を維持するのは、生活習慣を良くするための第一歩となります。

では、身体に良い飲み物というのは何かというと、水、お茶、トマトジュースなどです。

お水は特に良くて、集中力を増進させてくれたり、パフォーマンス力を高めてくれるので、積極的に飲むと良いでしょう。

朝一杯のお水を飲むと良いと言われているのは知っていると思いますが、とくに白湯を飲むのは健康にとって良いと言われています。

人間は、夜寝ている間にコップ一杯分くらいの汗をかきます。睡眠中は水分を摂取することができないので、軽い脱水症状になっています。

また、血液もドロドロになって詰まりやすい状態になっていると言われています。

その為、朝起きてからの水分補給はとても大事になります。中でも内臓に負担をかけないようにするためには白湯のような温かい飲み物をゆっくりと飲むことで内臓を優しく温めてくれるので、全身の血行を良くしてくれます。

次にお茶ですが、とくに緑茶にはカテキンが含まれています。

カテキンは強い抗酸化作用があるので、活性酸素を除去して脂質の酸化を防いでくれます。そして、血中コレステロール値を下げる働きもあるとされています。

また、ビタミンCやビタミンB2なども含まれているので免疫力をアップさせる効果や、美肌効果が期待できます。

ビタミンCやビタミンB2などの働きを詳しく知りたい人には、栄養療法についての正しい知識が学べる「こころと身体の栄養療法」というサイトをおすすめします。

栄養が身体に与える効果や様々な病気の予防方法などを、大学教授が細かく紹介しているので非常に役に立ちますよ。

是非一読してみてくださいね。

お金のかからない健康法を紹介!

出典:イラストAC

こんにちは、主婦のちえみです。

健康に気をつかうとは言っても、できるだけお金をかけたくないって思うのは私だけじゃないと思います。

そこで、お金のかからない健康法をいくつか調べてみたので紹介しますね!

是非参考にしてみてください。

精糖摂取を控える

ほとんどの加工品は少なからず精糖が含まれていますが、特に多いのは以下になります。

・炭酸飲料
・果物系のジュース
・サラダに使うドレッシング
・パン類
・シリアル系

アメリカなどの欧米では精糖を含んだ食品が多く、それが糖尿病や肥満を引き起こしています。

適度に摂取するのは問題ないですが、摂りすぎてしまうのは脳にとって有害になってしまいます。

精糖は、身体にいい影響を与えず、カロリーだけをとる存在なので、できるだけ避けるべきでしょう。

水をよく飲むようにする

人間の身体にとって、最も良いとされている飲料水は「水」です。

水は集中力を高めてくれたり、仕事のパフォーマンスを上げるのにも有効であると言われています。

そして、できるだけお酒の量を減らすようにしましょう。

アルコールは肝臓にとっていい影響を与えないというだけでなく、身体のpH値を酸に変えてしまいます。

人間にとって、肝臓は2番目に大きな臓器で、血液をキレイにする働きがあります。

健康的な肝臓であればアルコールを分解してくれますが、使いすぎると働きが悪くなっていきます。

肝臓へのダメージを減らすなら、お酒の量を減らすのが一番有効なので、不要であれば飲まないようにすると良いでしょう。

そして、水を多く飲んで、無農薬のオーガニック食品を食べるようにするといいでしょう。

肝臓に与えてしまったダメージは、食事療法で治すこともできるので、できるだけ身体にとって良いものを食べるようにしましょう。

背筋を伸ばして姿勢を良くする

背筋の柔らかさは、老化を減らすことができます。そして、一番お金がかからず簡単な方法でもあります。

意識的に姿勢を正すのは最初は大変だと思うので、ハタヨガやアシュタンガヨガなどのポーズをすると良いでしょう。

最初は長時間やる必要はないので、いくつかのポーズを毎日継続してやるようにしましょう。

例えば朝晩と継続して行うだけで、身体が変わってきます。

身体が柔らかくなれば転倒した時のリスクも減らせますし、気分も良くなります。

歯を健康な状態に保つ

歯は色んな健康状態の根底にあると言ってもいいくらい大事な部分です。その為、健康に保つようにしましょう。

歯を健康に保つ方法はいくつかありますが、一番簡単なのはこまめに歯を磨くことですね。

歯ブラシを正しく使うことも大事ですが、デンタルフロスも大事です。

食べた後の食べカスは歯磨きだけではとりきれいないことがあります。

しかし、デンタルフロスを正しく使い、そして慣れることで歯医者に行く必要もなくなるのです。

デンタルフロスが終わったらマウスウォッシュでしっかりとうがいをしましょう。

これだけでも歯の健康は結構保つことができます。

本当に健康的な食事とは?

こんにちは、主婦のちえみです。

食事は、人間が生きる上でとても大事なものですよね。

健康の為には規則正しい食生活をして、バランスよく栄養を摂ることが大事だとされています。

健康的な食事の方法は、腹八分目を心がけてしっかりと3食取り入れることとされています。

また、食事はエネルギーや栄養を補うだけでなく、生活リズムを整えるという点でも非常に重要になります。

しかし、消費エネルギーが少なく、摂取エネルギーが多くなってしまうと体内に脂肪として蓄積されてしまうので、注意して食べることが大事です。

では、そもそも規則正しい食生活をするとどういう効果があるのかを紹介していきますね。

規則正しい食生活をすることで得られる効果

出典:イラストAC

規則正しい食生活をすることで得られる効果は以下になります。

・適性体重を維持できる
・健康の維持増進ができる
・生活リズムが整えられる
・腸内環境が整えられる
・自律神経の乱れの防止になる
・気持ちが安定する

人間の脳は、一日25時間周期とする概日リズム(サーカディアンリズム)にそって活動しています。

その為、概日リズムを24時間に修正しているのは、私たちの身体に備わっている「時計遺伝子」であるとされているのです。

時計遺伝子を24時間に調整する方法は非常に簡単で、朝日を浴びることです。

朝日を浴びると中枢時計遺伝子がリセットさせることができます。そして、プラスで朝食を食べれば細胞一つ一つに備わっている抹消時計遺伝子もリセットさせることができます。「注1」

「注1」健康に良い規則正しい食生活とは

しっかりと食事をとり、満腹にしすぎないことで健康維持もできて、生活リズムを整えることもできるとなると良いことだらけですね。

それに腸内環境も整えられるので便秘気味の人にも嬉しいのではないでしょうか。

自分の健康を考えて、いつまでも若々しくいたいですね!

免疫力の高め方は?

こんにちは、主婦のちえみです。

世の中にはたくさんの菌がありますよね。

病気を引き起こしてしまうような菌もあれば、人と共存しながら生きている菌もあります。

病気を引き起こしてしまう菌は、普段から免疫力を高めるようにすれば予防することができますけど、具体的なやり方ってわかりませんよね。

そこで、今回は身体の免疫力を高める方法を紹介します。

免疫を高めるには運動、食事、睡眠

出典:イラストAC

免疫を高めるのにとても大事なのは、定期的な運動、バランスのとれた食事、質の高い睡眠です。

運動というとすごくハードルが高く感じてしまう人は多いと思いますが、そこまで難しい運動じゃなくても問題ありません。

20分程度、意識的に体を動かすだけでOKなんです。

例えば、家の中で20分間軽めの運動をしてみるとか、散歩をしてみるとかでもOKです。

20分程度運動して適度に体が疲れた状態なると、集中力もアップしますし、効率よく作業をすることができるようになります。

そして、睡眠も大事です。

睡眠の質が下がってしまうと免疫は下がってしまうので、質の高い睡眠をとるようにしましょう。

具体的には、自分の適性の睡眠時間を測ってみると良いと思います。

よく健康系のテレビ番組では「8時間程度の睡眠が最も適正です」といっているのを観たことがあると思いますが、あれは個人差があります。

6時間睡眠で快適に活動ができる人もいれば、10時間睡眠をしないと活動ができない人もいます。

自分の適正な睡眠時間を知り、質の高い睡眠をするように工夫するだけで、簡単に身体の免疫を高めることができますし、昼間の活動も快適に過ごすことができるようになります。「注1」

「注1」睡眠医療プラットフォーム 適切な睡眠時間とは

健康の基本である手洗いの方法は2パターンある

はじめまして、主婦のちえみです。

最近、新型コロナウイルス感染症などがあり、健康が叫ばれていますね。

そこで、私も若くないので、健康について考え直そうと思い、ブログを通じて健康に関しての情報を書いていこうかと思います。

どうぞ、よろしくお願いします。

手洗いは2パターンある

出典:フォトAC

健康の基本は手荒いからですよね。

手洗いには2パターンあります。

手洗いの方法は、

・CDC方式
・WHO方式

です。

CDC方式

CDC方式というのは、普段の手洗いを少しだけ念入りにしたバージョンになります。

洗う順番は、以下になります。

・石鹸で手の甲から洗う
・手のひらと指の間を洗う
・最後に指の爪の間を洗う

この手洗いは、30秒くらいかけておこなうと良いようです。

1工程にかける時間は大体10秒くらいです。

WHO方式

WHO方式は、CDC方式よりも工程が多くなります。

・石鹸で手のひらの部分を洗う
・手の甲を洗う
・指の間を洗う
・指の甲を洗う
・親指の周りを洗う
・手のひらの周囲を洗う

6ステップを行い、42秒程度かけます。

工程は増えますが、よりしっかりと菌を洗い落とすことができます。

WHO方式の場合は、1工程に大体7秒かけます。

どれくらいの菌が落ちるのか

CDC方式とWHO方式、やり方の違う手洗い方法でどれくらいの菌が落ちるのか。

CDC方式では、約6%程度の菌を洗い落とすことができます。

対して、WHO方式では21%も菌を洗い落とすことができます。

この数字だけを見るとWHO方式の方が良さそうに感じますが、実はCDC方式でも問題ないようです。

というのも、CDC方式であっても重度の感染症を引き起こすバクテリアは確実に減っていたみたいですね。

つまりはどちらの方法をしても、人間の健康を害する菌は確実に減らせるということです。

新型コロナウイルス感染症でマスクを買い求める人が多いですが、もっとお金をかけずにできる手洗いの方を重点的に行った方がよさそうですね。